指原莉乃が歯列矯正終了!目立たない「舌側矯正」とは!?もう笑顔も怖くない | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

指原莉乃が歯列矯正終了!目立たない「舌側矯正」とは!?もう笑顔も怖くない

投稿日:

 

HKT48の「指原莉乃さん(26)」が、2年半に及んだ自身の歯列矯正が終了したと報告されました。

この2年半もの間、歯医者に通いつめた指原さん、本当にお疲れ様でした。

これで、歯を気にせず思いっきり笑顔を見せることが出来ますね!

 

その前に、指原さんが歯列矯正を行っていた事をご存知でしょうか!?

筆者は正直、ニュースを見る時までは、知りませんでした。

調べてみると、指原さんが行ったのは、歯の裏側に矯正器具を装着する舌側矯正のようです。

画像も、含めて紹介していきます。

 

指原莉乃さんが行った、舌側矯正とは!?

指原さんは、テレビに出演する時も笑顔になるのが苦手でいつも、あまり口を開かずに笑っていたようです。

ツイッターでも、「歯を出して笑うのは苦手だった、先生方に感謝です。やったぁー!!!

とつぶやかれています。

 

確かに一時期は、唇すら隠すような仕草がありましたが、これはクセでは無かったのですね。

 

指原さんが行ったのは、舌側矯正といい、歯の裏側に矯正器具を装着する矯正法です。

基本的に、正面から見ても、器具は見えないので、口を大きく開かない限り、器具の存在がわからないようになっています。

 

但し、歯磨きするのが難しく、器具が裏側についているので、鏡でみても器具の位置が見づらく、裏側を磨く時は、器具(ワイヤー)を避けるようなイメージで磨かないといけないようで、これは苦労するとの事です。

更に発音にも多少の影響が出るようで、矯正器具を前につけた場合は、影響が少ないのですが、後ろ(舌のある部分)に器具があるので、

音によっては出しにくい部分がありそうです。

矯正器具のイメージです。

 

よく指原さんは、有吉さんに「おまえ自分の名前もまともに言えねーのかよ」などと突っ込まれた時期がありましたが、

これは矯正器具による影響のようです。

 

しかし、デメリットもあるものの、人に見つからないように歯の矯正ができるというのは何より嬉しい事ですし、歯磨きや発音に多少の影響が出ようが、器具が見えない事を優勢するべきかと思います。

 

指原莉乃さんの歯のBefore Afterを比較!

2年半という長い期間にはなりましたが、

はっきり言うと、見違えるほど歯並びが綺麗になっています。

 

早速見て頂きましょう。

 

正直、指原莉乃さんは元々の歯並びがかなりわるい状態でしたが、

それでも、これほどまでに美しく矯正されており、歯のケアも行ったのか真っ白で美しいですよね。

 

指原さんの影響で、舌側矯正を受ける方が増えるかもしれません。

それだけ価値のある矯正法だと思います。

 

以上です。

 

 

 

 

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

酒井法子、現在は中国で活躍中? 旦那や息子との関係はどうなのか?

現在、メディアやテレビへの露出が減った酒井法子さん。 直近のニュースでは、「建物明渡請求事件」で、建設会社X工業から訴訟を起こされているという。   2009年に大々的に報じられた「覚せい剤 …

草なぎ剛、独身生活に飽きた。「結婚したい!結婚したい」と気持ちが変化

草なぎ剛さん(44)が、独身生活に飽きてきている事を、AbemaTV出演時に語りました。 冷静に考えると、44歳と言うと、子供が二人くらいいてもおかしくない年齢ですよね。   AbemaTV …

no image

仙道敦子がかわいい。23年ぶりに女優復帰した美しいアラフィフを紹介

女優の「仙道敦子さん(48)」が、芸能活動を再開される事になりました。 復帰一作目はTBS系のドラマ「この世界の片隅に」になります。 仙道さんは主人公のママ役になりますが、自身にも高校を卒業した娘さん …

黒船リア・ディゾンさんの「今」。 日本を沸かせた彼女は、まさかの大学生!?

グラビアアイドルとして世間を大いに賑わせた、リア・ディゾンさん(32)ですが、 なんと、今現在の活動としては、「心理学を学ぶ大学生」のようです。 日本を沸かせた当時から考えると、もう10年が経過しまし …

ハイビスカス江は、結構イケメン。すっぴんや、お店、経歴等の情報について

女装家の「ハイビスカス江さん」が、11月11日放送の「行列のできる法律相談所」に出演します。 マツコさんや、ミッツさんを含め、女装家軍団8名が登場する、かなりパンチの効いた会なのですが、 今回は、その …