テレビからNG大賞番組が消えた理由。無くなったのは、増え続けるクレームが理由 | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

テレビからNG大賞番組が消えた理由。無くなったのは、増え続けるクレームが理由

投稿日:2018年11月5日 更新日:

最近テレビで「NG大賞」的な内容の番組が消えてきている事をご存知でしょうか?

少なくとも、このブログに来ていただいた方は「あれ、前によくやってたのに、最近はやってないな。頑張った賞とはあるのにな」と思われた方が多いと思います。

 

よく豪華な出演者を集め、クイズの様な形式で、ドラマのNGシーンを公開していましたが、最近めっきり減りましたよね。

そこには意外な事実が隠されていました。

 

テレビからNG大賞が消えた理由

それは、大事なお客さんの視聴者からの「クレーム」が毎回、嵐のように発生するからのようです。

いわゆるNG大賞を放送する場合は、普段であれば特段考える必要も無い、「専門クレーム処理班」を人員配置し、クレームのラッシュに備えて電話機も多めに配置しておかないといけないようです。

 

テレビに対するクレームと言うのは、今に始まったものでは無いようですが、平成最後の現在の状況としては、”視聴者が敏感”になっているようで、何か気になったことがあればすぐに電話をかけてくるようになったみたいです。

 

特にNG大賞というのは、

「人のミスを面白おかしく笑う番組」

と、雑に言えばこういう番組構成になるとは思うのですが、

 

それを見た視聴者は、

「よし、これはまったく道徳的に良くない、クレームを入れよう」

となるようです。

 

NHKでこういう企画をやっているならともかく、民放のテレビに関してもクレームが嵐のように来る現実があるようで、

草なぎ剛さんが、司会を担当されていた番組も、いつの間にか「頑張った大賞」などの番組名が変更されています。

世間の声というのは大きな力となり、番組制作にも影響があるようですね。そしてまた、番組作りを支えるスポンサーとなる協力会社の方々も、揉め事に巻き込まれるのは避けたいという事で、年々減っている傾向にあるようです。

 

1年を振り返る事にもなって、楽しく視聴されている方も多い「NG大賞」。

こういう番組が無くなるのは悲しい事ですし、よほど悪質な演出で人を傷つけるような番組であれば話は別ですが、視聴者の過剰な干渉というのは、更にテレビをつまらなくさせる要因の一つなのかもしれません。

 

仕掛ける側は業界人でも、見るのは一般人なので、どうしても世間のニーズというものに振り回されるのでは無いでしょうか。

 

お笑い芸人が自由にできなかったりするのも同じような理屈なのかもしれません。

 

常識を大事にしすぎる日本の未来は、明るいものになるのでしょうか。

 

以上です。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

吉澤ひとみの弟の事故死の加害者となる相手と気になる顔写真とは?

吉澤ひとみさんの飲酒ひき逃げ事件で、 世間は賑わっていますが、 関連するニュースとして、ご存知の方も多いかもしれませんが、 「吉澤ひとみさんの弟は、事故により亡くなっています」 (2007年に亡くなっ …

将棋、菅井竜也七段、トップ棋士が痛恨のミスで反則負け。 その理由とは?

トップ騎士である、菅井竜也七段が、10月18日の夜に関西将棋会館で行われていた対局にて、まさかの「反則負け」にて敗戦してしまいました。 将棋は何が起こるかわからないという事を改めて体験されたと思います …

水嶋ヒロ、久しぶりに日本ドラマに復帰! 相方の勝地涼との写真を公開!

俳優の水嶋ヒロさんが、自身の運営するインスタグラムに、勝地涼さんとのツーショット写真をUPされました。 出典:水嶋ヒロインスタグラム なんと9年ぶりに、日本ドラマに復帰する事が決定しました。 復帰を待 …

中田敦彦、火曜サプライズに出演も「表情が暗い」と噂に。ビジネスに集中しすぎか?

オリエンタルラジオの中田敦彦さん(36)が、レギュラーで出演する「火曜サプライズ」で表情が暗いなどと噂になっております。 ウエンツさんが海外留学などで、現在はヒロミさんが司会を務めていますが、どうもM …

藤木由貴がかわいい。現在の仕事と収入、身長、カップとは!? レースクイーンは意外にも過酷な仕事。

  レースクイーンの「藤木由貴さん(26)」が、ヤングキング・ブルの1月号の表紙に登場します。   藤木さんといえば、レースクイーンとして人気を誇り、賞レースでは5冠を達成しており …