テレビからNG大賞番組が消えた理由。無くなったのは、増え続けるクレームが理由 | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

テレビからNG大賞番組が消えた理由。無くなったのは、増え続けるクレームが理由

投稿日:2018年11月5日 更新日:

最近テレビで「NG大賞」的な内容の番組が消えてきている事をご存知でしょうか?

少なくとも、このブログに来ていただいた方は「あれ、前によくやってたのに、最近はやってないな。頑張った賞とはあるのにな」と思われた方が多いと思います。

 

よく豪華な出演者を集め、クイズの様な形式で、ドラマのNGシーンを公開していましたが、最近めっきり減りましたよね。

そこには意外な事実が隠されていました。

 

テレビからNG大賞が消えた理由

それは、大事なお客さんの視聴者からの「クレーム」が毎回、嵐のように発生するからのようです。

いわゆるNG大賞を放送する場合は、普段であれば特段考える必要も無い、「専門クレーム処理班」を人員配置し、クレームのラッシュに備えて電話機も多めに配置しておかないといけないようです。

 

テレビに対するクレームと言うのは、今に始まったものでは無いようですが、平成最後の現在の状況としては、”視聴者が敏感”になっているようで、何か気になったことがあればすぐに電話をかけてくるようになったみたいです。

 

特にNG大賞というのは、

「人のミスを面白おかしく笑う番組」

と、雑に言えばこういう番組構成になるとは思うのですが、

 

それを見た視聴者は、

「よし、これはまったく道徳的に良くない、クレームを入れよう」

となるようです。

 

NHKでこういう企画をやっているならともかく、民放のテレビに関してもクレームが嵐のように来る現実があるようで、

草なぎ剛さんが、司会を担当されていた番組も、いつの間にか「頑張った大賞」などの番組名が変更されています。

世間の声というのは大きな力となり、番組制作にも影響があるようですね。そしてまた、番組作りを支えるスポンサーとなる協力会社の方々も、揉め事に巻き込まれるのは避けたいという事で、年々減っている傾向にあるようです。

 

1年を振り返る事にもなって、楽しく視聴されている方も多い「NG大賞」。

こういう番組が無くなるのは悲しい事ですし、よほど悪質な演出で人を傷つけるような番組であれば話は別ですが、視聴者の過剰な干渉というのは、更にテレビをつまらなくさせる要因の一つなのかもしれません。

 

仕掛ける側は業界人でも、見るのは一般人なので、どうしても世間のニーズというものに振り回されるのでは無いでしょうか。

 

お笑い芸人が自由にできなかったりするのも同じような理屈なのかもしれません。

 

常識を大事にしすぎる日本の未来は、明るいものになるのでしょうか。

 

以上です。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後藤真希が初のエッセイを発売。ゴマキの現在と、旦那や子供の紹介

最近はあまりテレビで見る機会が激減した「後藤真希さん」ですが、 2018年10月に、初となるエッセイ本「今の私は」を発売しました。 モーニング娘として、デビューしたのが、1999年なので、 約19年間 …

藤田ニコルが垢抜けて、かわいくなっている。変貌の理由は、ジムでのハードトレーニングか!?

  タレントの藤田ニコルさん(20)が、12月3日放送の「有吉ゼミSP」に出演します。 デビューしたての頃は、謎なおとぼけキャラで、それほど”可愛い”という認識ではなかった藤田ニコルさん。 …

阿部優貴子がかわいい!多彩で育ちが良い彼女は、バレエが得意で年齢は〇〇歳未満

阿部優貴子アナ(28歳)が、11月12日放送の「バラいろダンディ」に出演します。 安部アナは「バラいろダンディの月・木」のアシスタントとして出演しているようです。   安部アナを知ったのは最 …

植木理恵さんの心理学講演が面白い。私生活では結婚、離婚、病気を経験し、現在はオンライン恋愛相談室を開設

心理学者の「植木理恵さん(43)」が、11月20日放送の「ホンマでっか!?TV」に出演します。 植木先生と言えば、切り口が独特で、ファンになる方とそうでない方がキッチリ別れそうな感じがしますが、ファン …

小島慶子は我慢の人。現在の病気の理由は母親が原因。自叙伝から学ぶ病気克服法

元TBSアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーで、タレント・エッセイストとしても活躍する「小島慶子さん(46)」が、 「ADHD、大人の発達障害」と診断された事を公表しました。 美人でお綺麗な小島さ …