菅谷哲也の意外な一面! 〇〇行為で、週間文春に取り上げられる。 | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

菅谷哲也の意外な一面! 〇〇行為で、週間文春に取り上げられる。

投稿日:

テラスハウス」と言えば、30,40代までの人であれば一度は見たことがある番組だと思いますが、

その番組の中でも、名物キャラクターとして、登場したのが俳優の「菅谷哲也さん、通称てっちゃん」です。

テラスハウス、通称「テラハ」は、男女が同じ家の中で共同生活を行い、日常の何気ない彼らの様子を撮影する大人気番組です。

いわゆる「あいのり」の現代版と考えるとわかりやすいです。

違うポイントとしては、あいのりの様にをする訳ではなく、各人が仕事は各々が行い、衣食住を共にする男女のドキュメンタリーバラエティーです。

 

その中でも、菅谷哲也さんは恋愛にも人生にも奥手で、少したよりないけど、可愛い所があるようなキャラクターで、テラスハウスの中に居ても恋愛に発展しないので、ずっとテラスハウスに住み続ける事になります。

そんな誰もが可愛らしい印象を持っている大人気の「てっちゃん」が、週間文集に取り上げられました・・・。

 

菅谷哲也は何をしたのか?

結論から言いますと、「共演者に強制わいせつ事件」を起こしました。

 

現実的には菅谷さんの方から、被害女性の方に示談書を提出し、それを女性側が受理したので、刑事事件になっている訳ではありません。

 

細かい内容は、互いに黙秘するという約束毎が、菅谷さんが提出した示談書に書かれているらしく、お二人は全面黙秘しております。

 

しかし、そこは週刊誌が許さない所で、週間文春によると、

事件は映画『テラスハウス クロージングドア』の撮影中、2014年12月に起きたそう。被害者であるA子さんは女子の部屋でひとり寝ていたのだが、そこへ菅谷が侵入。A子さんのベッドに潜り込みキスを迫り、その後は体の関係を迫ってきたというが、A子さんはなんとか菅谷をなだめてその場を収めたそうだ。

と記事にしています。

 

A子さんというのも、すぐに明らかになっており、現在はOL兼グラビアアイドルの「松川佑依子さん」という事がわかっております。

松川さんは、既に芸能界を引退していますが、その際にも

テラスハウスでの共同生活は怖くて、正直ベッドで寝るのがこわかったし、車で寝ていた事もありました

と、公の場面でコメントしています。

 

しかも、実家に帰っても眠れない日々が続き、精神的に病んでしまった時期もあったようで、トラウマを今でも引きずっているようです。

 

ようやく、3,4年越しにこの事件が解決する事になりましたが、この事件の主犯が、菅谷哲也さん、てっちゃんである事には、ほんとに大多数の視聴者が裏切られた事ではないかと思います。

 

もちろん他の誰であっても良くない事件には変わりないのですが、「清純・潔白・好青年・あどけなくて可愛いてっちゃん」という売り方をしていたので、「それはないぜ!」と誰しもが思っている事だろうと思います。

 

以上です。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飯豊まりえはかわいくないのか!?不思議な魅力をもつ彼女の性格やプロフィールとは

モデルで女優の「飯豊まりえさん(20)」が、11月11日放送の「林先生が驚く初耳学」に出演します。 過去に、雑誌ニコラ、セブンティーン、現在は、Oggiで専属モデルを務め、ドラマやCMにも多数出演する …

キングコング西野亮広。クラウドファンディングも凄いが、基本の信念が素晴しい。

現在、クラウドファンディングなどを通じて、 ”自分の個展や、本の出版、オンラインサロン”などを運営する、西野亮広さん。   これまで様々な企画を提案・実現されてきましたが、 直近の企画では「 …

友近の恋愛事情が切ない。性格は頑固者。気になる結婚できない理由と身長・年齢などを紹介

女性お笑い芸人の友近さん(45)が、11月23日放送の「爆報!THE フライデー」に出演します。 友近さんと言えば、もはや知らない人はいないほどの人気者ですが、最近はネタを披露するよりは、コメンテータ …

貴乃花親方は引退後どうするのか?現在は、無職か?

  ワイドショーで連日話題になっている貴乃花親方ですが、 いよいよ、9月25日に”電撃引退会見”を行いました。 相撲協会は大混乱になっている模様です。   そんな貴乃花親方ですが、 …

テレビからNG大賞番組が消えた理由。無くなったのは、増え続けるクレームが理由

最近テレビで「NG大賞」的な内容の番組が消えてきている事をご存知でしょうか? 少なくとも、このブログに来ていただいた方は「あれ、前によくやってたのに、最近はやってないな。頑張った賞とはあるのにな」と思 …