堤下敦が復帰、「あなたの街に住みますプロジェクト」で、芸人として活動再開! | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

堤下敦が復帰、「あなたの街に住みますプロジェクト」で、芸人として活動再開!

投稿日:

インパルスの堤下敦さん(41)が、芸人活動を再開される事が、10月23日に分かりました。

もう、インパルスは解散になるのではないか?なども噂されておりましたが、解散はしない様子です。

一安心という所ですが、これまで不祥事が続いた堤下敦さん。

少し振り返った後に、復帰第一弾のお仕事、「あなたの街に住みますプロジェクト」についても解説します。

 

堤下敦さんが起こした不祥事とは?

2017年10月に謹慎処分になった堤下さん。

あれから1年が経過し、芸人としての活動を再開されます。

 

まず、2017年10月、堤下さんが運転中に、ゴミ収集車に追突事故を起こし、ゴミ収集車に乗っていた作業員2名が軽傷をおいました。

 

そして2016年6月に、睡眠薬を飲んだ後に運転し、停車中の車で、意識がもうろうとしている所で、警察に発見されます。

本人は、銭湯で睡眠薬を飲み、そのまま自宅に車で帰ろうとしましたが、「自宅に着いたころに薬が効くと思った」とコメントしており、このような事態になりました。

 

2008年9月にスピード違反。制限速度50kmの道路を80kmで走行しており、捕まりました。

 

と、まぁ、色々あった堤下さんですが、

あの人柄なだけに、なんと言いますか、あっさりいいますと

しっかりしろよ~~~!という心境です。

 

ようやく謹慎が解けたのだから、今後は、自身ならびに、人様に危害をこうむる様な行動は、自制して貰えればと思います。

 

復帰第一弾 「あなたの街に住みますプロジェクト」とは?

よしもと興行が主催する、「地域密着型プロジェクト」になります。

芸人を47都道府県に芸人配置し、その地域の為になるお仕事、「PRイベント、司会、お笑いライブ」などで、

地域に貢献していこうというもので、2011年からスタートされており、息の長いプロジェクトになります。

 

あの「ゆりやんレトリィバァ」も、奈良に派遣されていました。

 

と、気づかれた方もいるかもしれませんが、大体は「若手芸人」が地元で頑張るプロジェクトになります。

 

堤下さんも、いきなりテレビ番組に出演という訳にもいかないようで(オファーが無い)、まずは、地に足をつけるという意味で、地元に根付いた活動からの再スタートになるようです。

 

ノンスタイルなども、一時期低迷しましたが、ここ最近はライブも盛況なようで、復活を遂げられていますよね。個人的に、インパルスはコンビとしてのネタも面白いですし、何より、堤下敦さん個人のトークが面白いので、まずは地域で大爆笑を取り、そこからの再び、もっと大きな舞台での活躍と、再ブレイクを期待しています。

 

最近は、板倉さんも病み気味なようですので、

頼みますよ堤下さん。

 

以上です。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宮司愛海アナのお蔵入りショットが超絶かわいい。気になる身長は?

2019年度の「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー」が10月1日に発売されましたが、 宮司愛海アナ(27)が、カレンダー撮影の際に、”お蔵入り”となったショットを自身が運営するインスタグラムにて公開 …

大人気のNMB48山本彩、卒業コンサートが迫る。現在、彼氏はいるのか?

  現在大人気のNMB48山本彩さんですが、 いよいよNMB48の卒業が迫ってきています。 NMB48、山本彩卒業コンサートが、”2018年27日、大阪の万博公園”に …

比嘉愛未が開脚を披露。 かわいい彼女の、気になる彼氏や結婚の噂とは

10月9日に自身のインスタグラムにて、 ”開脚ポーズ”を披露した比嘉愛未さん。ほぼ180度に近いその開脚は、ファンの間でも 「ちょー身体柔らかい」「めっちゃスタイル良い、可愛いしもう完璧!」などと高評 …

堀田茜がキレイでかわいい。CanCamでは蛯ちゃんの後継者として期待を集める。

ファッションモデルの堀田茜さん(25歳)が11月8日放送の「主治医が見つかる診療所」に出演します。 堀田さんと言えば、CanCamの専属モデルを始め、女優、バラエティー番組とマルチな活躍をされている今 …

将棋、菅井竜也七段、トップ棋士が痛恨のミスで反則負け。 その理由とは?

トップ騎士である、菅井竜也七段が、10月18日の夜に関西将棋会館で行われていた対局にて、まさかの「反則負け」にて敗戦してしまいました。 将棋は何が起こるかわからないという事を改めて体験されたと思います …