堤下敦が復帰、「あなたの街に住みますプロジェクト」で、芸人として活動再開! | ファニマガ通信

ファニマガ通信

旬なネタを独自の視点でお届けします。

芸能

堤下敦が復帰、「あなたの街に住みますプロジェクト」で、芸人として活動再開!

投稿日:

インパルスの堤下敦さん(41)が、芸人活動を再開される事が、10月23日に分かりました。

もう、インパルスは解散になるのではないか?なども噂されておりましたが、解散はしない様子です。

一安心という所ですが、これまで不祥事が続いた堤下敦さん。

少し振り返った後に、復帰第一弾のお仕事、「あなたの街に住みますプロジェクト」についても解説します。

 

堤下敦さんが起こした不祥事とは?

2017年10月に謹慎処分になった堤下さん。

あれから1年が経過し、芸人としての活動を再開されます。

 

まず、2017年10月、堤下さんが運転中に、ゴミ収集車に追突事故を起こし、ゴミ収集車に乗っていた作業員2名が軽傷をおいました。

 

そして2016年6月に、睡眠薬を飲んだ後に運転し、停車中の車で、意識がもうろうとしている所で、警察に発見されます。

本人は、銭湯で睡眠薬を飲み、そのまま自宅に車で帰ろうとしましたが、「自宅に着いたころに薬が効くと思った」とコメントしており、このような事態になりました。

 

2008年9月にスピード違反。制限速度50kmの道路を80kmで走行しており、捕まりました。

 

と、まぁ、色々あった堤下さんですが、

あの人柄なだけに、なんと言いますか、あっさりいいますと

しっかりしろよ~~~!という心境です。

 

ようやく謹慎が解けたのだから、今後は、自身ならびに、人様に危害をこうむる様な行動は、自制して貰えればと思います。

 

復帰第一弾 「あなたの街に住みますプロジェクト」とは?

よしもと興行が主催する、「地域密着型プロジェクト」になります。

芸人を47都道府県に芸人配置し、その地域の為になるお仕事、「PRイベント、司会、お笑いライブ」などで、

地域に貢献していこうというもので、2011年からスタートされており、息の長いプロジェクトになります。

 

あの「ゆりやんレトリィバァ」も、奈良に派遣されていました。

 

と、気づかれた方もいるかもしれませんが、大体は「若手芸人」が地元で頑張るプロジェクトになります。

 

堤下さんも、いきなりテレビ番組に出演という訳にもいかないようで(オファーが無い)、まずは、地に足をつけるという意味で、地元に根付いた活動からの再スタートになるようです。

 

ノンスタイルなども、一時期低迷しましたが、ここ最近はライブも盛況なようで、復活を遂げられていますよね。個人的に、インパルスはコンビとしてのネタも面白いですし、何より、堤下敦さん個人のトークが面白いので、まずは地域で大爆笑を取り、そこからの再び、もっと大きな舞台での活躍と、再ブレイクを期待しています。

 

最近は、板倉さんも病み気味なようですので、

頼みますよ堤下さん。

 

以上です。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHKアナウンサー和久田麻由子がかわいい、気になるプライベートや高校・大学時代について

NHKアナウンサーの和久田麻由子アナウンサーが、本日(10月15日放送)の「おはよう日本」で、生放送中にペットボトルの水を飲むハプニングが発生しました。   番組では、現在問題になっている「 …

愛希れいかが超絶かわいい。気になる年齢、身長などのプロフィールを紹介

2018年の11月の公演を最後に、宝塚歌劇団を退団する事が決定している「愛希れいかさん」。 退団を発表したのは、2018年の1月ですので、今年は愛希れいかさんの宝塚ラストイヤーになります。 愛希れいか …

超絶かわいい吉澤ひとみの夫(旦那)や子供はどんな人?

  元モーニング娘の吉澤ひとみさんが、 飲酒ひき逃げにて、世間を賑わしていますね。   芸能界を引退する事になりましたが、 モーニング娘のオーディションの頃から、 「超絶かわいいっ …

中島健人の私服はモード系でカッコイイ。気になる、年齢・身長・ハーフや経歴・学歴についても紹介。

  セクシーゾーンの「中島健人さん(24)」が、12月6日放送の「VS嵐」に出演します。 ジャニーズの中でもかなりキャラが際立っていて、大人気の中島さんですが、意外にも高学歴で、山下智久さん …

藤田ニコルが垢抜けて、かわいくなっている。変貌の理由は、ジムでのハードトレーニングか!?

  タレントの藤田ニコルさん(20)が、12月3日放送の「有吉ゼミSP」に出演します。 デビューしたての頃は、謎なおとぼけキャラで、それほど”可愛い”という認識ではなかった藤田ニコルさん。 …